一般社団法人 石川県木造住宅協会

Feel of wood いしかわの快適な暮らしをデザインする「木の家」

076-240-4081

お問い合せ

石川県木造住宅協会
について

石川県木造住宅協会について

業務内容

受託事業

  1. 金沢市分譲住宅建設協力会
    (平成7年~)

    金沢市が造成した「瑞樹団地(計画戸数900戸)」の販売協力をする住宅関連7団体で組織された協力会の会長及び事務局を引き受け、住宅展及び宅地販売促進のための企画・運営に当たる。

    瑞樹団地
  2. 石川県ハウジングスクール
    (平成8年~)

    「いしかわ21世紀住まいづくり協議会(県及び住宅関連21団体で構成)」より委託を受け、平成8年度の開校以来、高気密・高断熱、バリアフリー、シックハウス、省エネルギー、スマートハウスなどの新技術情報の提供・普及や、経営の合理化、インテリアのカラーコーディネート、建築デザイン、町家再生、伝統建築など、その時代に応じた内容や幅広いカリキュラムの講座を実施。木造住宅の建設を担っている住宅産業関連事業者の技術力、知識の向上などレベルアップを図ってきている。平成18年度よりCPD(継続能力開発制度)の適応講座認定を受けている。 これまでの21年間で、延べで講座回数155回開催、受講者数は約8,500名が参加している。

    (参考:ハウジングスクール実績)

    年 度 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18
    講座回数 6 7 5 8 9 7 8 8 9 6 7
    受講者数 590 525 243 370 562 414 492 405 523 414 383
    年 度 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29
    講座回数 8 8 7 7 6 7 7 7 7 5 6
    受講者数 525 411 337 286 228 365 302 261 256 375 300

    (近年の講座カリキュラム)

    • 建築の魅力を引き出す照明計画
    • 施主が満足する家づくり
    • 本当に「片づけやすい」家とは?
    • 空間づくりから場つくりを目指すリノベーション
    • 住宅の省エネ基準改正と外皮計算等
    • 日本の木でつくる、これからの木造とデザイン
    • 住まいの耐震対策 耐震診断と補強方法
    • 歴史的建造物の修理方法
    • インテリアカラーコーディネートの進化、グレイッシュカラーについて
    • 現地見学会(町家改修見学:東山界隈、主計町、橋場町、大手町、里見町、金石ほか)
    • 日帰研修会(先進事例・伝統的建造物見学:京都府、滋賀県、新潟県、岐阜県、富山県、福井県)
    ハウジングスクール
  3. 白帆台販売促進協議会
    (平成18年~27年)

    石川県住宅供給公社が造成した「内灘町白帆台ニュータウン」の宅地販売の促進業務を委託され、県内ハウスビルダー有志で協議会を組織し会長及び事務局を引き受け、住宅展イベント及び宅地分譲の企画・運営に当たる。石川県住宅供給公社の解散に伴い、平成25年から石川県土地開発公社より委託を引き継ぐ。

  4. その他自治体・デベロッパー

    上記以外の自治体やデベロッパーから宅地販売の促進業務を委託され、県内ハウスビルダー有志で協議会を組織し、会長及び事務局を引き受けて住宅展イベント及び宅地分譲の企画・運営に当たる。

    • 根上町福島しらさぎの里家づくり協議会(平成10年~13年)
    • 野々市末松メッセ住宅展協議会(平成17年~22年)
    • 名鉄和光台まちづくり協議会(平成23年)
  5. 石川県住宅生産者協議会
    (平成11年・12年)

    品確法における住宅性能表示制度を、県内の中小住宅生産者が理解し導入してもらうための勉強会を2年間にわたり実施した。

  6. 県産材活用住宅推進協議会
    (平成15年・16年)

    石川県の県産材利用促進や新たな利用方法・技術開発、流通体制の研究を行い、木造建築物に多く使われる柱を中心とした構造材への利用促進により、石川の森林の再生と循環を図るための委員会及び部会を開催し検討した。

  7. 県産材活用マニュアル作成事業
    (平成25年)

    住宅における石川県産材の活用を促進するために、使用する側である住宅メーカーが中心となり「石川県産材活用マニュアル」を作成し、県産材を利用する工務店の拡大と一棟当たりの使用量の増加を図った。

ハウジングスクール 講座のご案内
ページトップ